税理士の仕事とは何か

税理士は税金に関するさまざまな場面で頼りになる存在ですが、その仕事内容を知っているという人はあまり多くないのではないでしょうか。税理士の仕事がどういうものかを知っておけば、何かトラブルがあった際に税理士に相談すべきことなのかどうかを判断する事ができますし、仕事ではない相談にも乗って貰えるかどうかを聞けば税理士を選ぶ時の基準にもなってくれます。税理士の仕事は、当然ながら税金に関係しているものですが、それ以外にもいくつか相談やアドバイスをしてもらえる場合もあり、特に会社設立などを考えている方は税理士に相談できるタイミングなども知っておくと、会社設立をする際に重宝します。

税理士のみに許されている仕事は大きく分けて税務代理、税務署類、税務相談の3種類があり、これらは税理士以外の職業で行う事ができない仕事となっています。納税を助けるのが税理士の大切な役割であり、確定申告や遺産の相続など納税する必要が出てくる場面において、税理士はその手助けをしてくれる仕事です。きちんと税理士の仕事を知った上で相談するようにすればスムーズな相談ができるだけでなく、自分だけで対処しようとしてしまい余計に大きな税金がかかってしまうという危険も回避できるでしょう。

当サイトでは税理士の仕事にはどのようなものがあるのか、会社設立で税理士に相談するとどういったメリットがあるのかなどを簡単に解説していきます。税理士の仕事はあまりなじみがありませんから、どうしても知らないままにしてしまう人も少なくありません。しかし納税という私たちの生活に密接に関係している事を相談できる職業ですから、その仕事内容を知っておいて損はないでしょう。