仕事を知っておく意味

税理士の仕事は納税者の代わりに税金の申告を行う税務代理、納税所に提出する書類を作成してくれる税務書類、そして確定申告などの時期に納税などに関する相談に応対する税務相談の3つの仕事があります。特に税務相談などは個人はもちろん企業などにおいても必要となる業務ですので、企業の経営者で利用しているという人も多いのではないでしょうか。税理士は税金に関する事でのプロですから、確定申告などで税金を払いすぎているのではないか、手続きで不明瞭な点があった場合などに安心して相談する事ができます。

またこの他に企業の経営相談なども税理士の仕事とされています。多くの企業と税理士は顧問契約を結んでおり、毎月税務処理や経営に関するアドバイスを受けています。税理士は税金だけでなく細かな経理に関する事についても専門的な知識を持っていますから、自社の経営についてのアドバイスを受けようと考えている事業者は少なくありません。節税対策のアドバイスも受ける事ができますから、大きな金額が動きやすい企業では税理士を頼る場面は増えてくるでしょう。

税理士の仕事は税金に関する相談や書類の作成、手続きの代理などですが、それ以外にも経営のアドバイスをする場合もあります。税理士だから税金のこと以外は仕事ではないと考えてしまいがちですが、税金が関わる仕事以外の相談やアドバイスを受けられる場合も多くありますので、どういった仕事があるのかをきちんと知っておきましょう。