会社設立での仕事

会社設立でも税理士は重宝する存在で、起業準備から企業した後まで長い付き合いになる場合も多くあります。まず起業準備の段階では起業計画のアドバイス、資金調達や補助金・助成金に関するアドバイスや税務書類を作成したり、税務手続きなどの代役というさまざまな仕事をこなしてくれます。税理士を頼る事でこのような専門的な知識が必要となる事を任せる事ができますから、スムーズな起業準備を行う事ができます。起業準備などは会社設立に向けてなるべく無駄な時間を過ごさないようにしなくてはいけませんので、難しい手続きを任せられるというのは大きなメリットとなるでしょう。

創業後は経費についての相談や、役員報酬のシミュレーションなどを税理士に相談する人が多くなります。どのくらいまでが経費として認められるのか、よく使う経費はどういったものなのかを事前に聞いておくと、経費の上限に合わせてどこまでを経費としていくかなどの計画を立てやすくなります。経費の上限は変更される事もありますので、そういった場合は税理士から教えて貰えるようにしておくとなお便利です。

また資産を導入する時や決算書作成、税務申告書作成の時など会社設立だけでなく会社を設立した後も税理士の仕事は多くあり、多くの企業が税理士と専属の契約をしています。専門的な知識やスキルが必要となる場面が多い会社設立だからこそ、税理士が担当する仕事が非常に多く、頼りにされています。