税理士を選ぶポイント

税理士の仕事を知っていても、税理士の選び方を間違ってしまうと迅速な対応がしてもらえなかったり、税理士の仕事以外の部分では相談に乗って貰えないなどさまざまな問題が出てしまいます。そういった事にならないよう、きちんと税理士の選び方も知っておくと良いでしょう。税理士は誰でも良いという訳ではなく、仕事ではない部分でも相談に乗ってくれるような方を選ぶ必要があります。

まず税理士を選ぶ時に注目しておきたいのは、対応が丁寧かどうかという点です。専門的な知識が必要となる税理士の仕事ですが、だからといって相談した側にまったく説明もなく仕事をされてしまっては、信頼して税務書類などを任せる事はできません。ですから相談をした時にわかりやすく丁寧に相談をしてくれるかどうか、相談に対して迅速な返答をくれるかどうかを見ておきましょう。会社設立から創業後まで長い付き合いになる可能性もある税理士選びは、コストなどよりもまず相談しやすい相手かどうかが重要です。

また、税理士の実績も非常に重要です。自社の業種に対して高い実績を持っている税理士ならば、税務書類や税務代行をしてもらう時にも信頼できます。実績の高さは信頼度に直結するものですから、より信頼して仕事を任せたいというのであれば、どういった業種、企業での実績があるのかに注目しておくと良いです。

会社設立での仕事

会社設立でも税理士は重宝する存在で、起業準備から企業した後まで長い付き合いになる場合も多くあります。まず起業準備の段階では起業計画のアドバイス、資金調達や補助金・助成金に関するアドバイスや税務書類を作成したり、税務手続きなどの代役というさまざまな仕事をこなしてくれます。税理士を頼る事でこのような専門的な知識が必要となる事を任せる事ができますから、スムーズな起業準備を行う事ができます。起業準備などは会社設立に向けてなるべく無駄な時間を過ごさないようにしなくてはいけませんので、難しい手続きを任せられるというのは大きなメリットとなるでしょう。

創業後は経費についての相談や、役員報酬のシミュレーションなどを税理士に相談する人が多くなります。どのくらいまでが経費として認められるのか、よく使う経費はどういったものなのかを事前に聞いておくと、経費の上限に合わせてどこまでを経費としていくかなどの計画を立てやすくなります。経費の上限は変更される事もありますので、そういった場合は税理士から教えて貰えるようにしておくとなお便利です。

また資産を導入する時や決算書作成、税務申告書作成の時など会社設立だけでなく会社を設立した後も税理士の仕事は多くあり、多くの企業が税理士と専属の契約をしています。専門的な知識やスキルが必要となる場面が多い会社設立だからこそ、税理士が担当する仕事が非常に多く、頼りにされています。

仕事を知っておく意味

税理士の仕事は納税者の代わりに税金の申告を行う税務代理、納税所に提出する書類を作成してくれる税務書類、そして確定申告などの時期に納税などに関する相談に応対する税務相談の3つの仕事があります。特に税務相談などは個人はもちろん企業などにおいても必要となる業務ですので、企業の経営者で利用しているという人も多いのではないでしょうか。税理士は税金に関する事でのプロですから、確定申告などで税金を払いすぎているのではないか、手続きで不明瞭な点があった場合などに安心して相談する事ができます。

またこの他に企業の経営相談なども税理士の仕事とされています。多くの企業と税理士は顧問契約を結んでおり、毎月税務処理や経営に関するアドバイスを受けています。税理士は税金だけでなく細かな経理に関する事についても専門的な知識を持っていますから、自社の経営についてのアドバイスを受けようと考えている事業者は少なくありません。節税対策のアドバイスも受ける事ができますから、大きな金額が動きやすい企業では税理士を頼る場面は増えてくるでしょう。

税理士の仕事は税金に関する相談や書類の作成、手続きの代理などですが、それ以外にも経営のアドバイスをする場合もあります。税理士だから税金のこと以外は仕事ではないと考えてしまいがちですが、税金が関わる仕事以外の相談やアドバイスを受けられる場合も多くありますので、どういった仕事があるのかをきちんと知っておきましょう。

税理士の仕事とは何か

税理士は税金に関するさまざまな場面で頼りになる存在ですが、その仕事内容を知っているという人はあまり多くないのではないでしょうか。税理士の仕事がどういうものかを知っておけば、何かトラブルがあった際に税理士に相談すべきことなのかどうかを判断する事ができますし、仕事ではない相談にも乗って貰えるかどうかを聞けば税理士を選ぶ時の基準にもなってくれます。税理士の仕事は、当然ながら税金に関係しているものですが、それ以外にもいくつか相談やアドバイスをしてもらえる場合もあり、特に会社設立などを考えている方は税理士に相談できるタイミングなども知っておくと、会社設立をする際に重宝します。

税理士のみに許されている仕事は大きく分けて税務代理、税務署類、税務相談の3種類があり、これらは税理士以外の職業で行う事ができない仕事となっています。納税を助けるのが税理士の大切な役割であり、確定申告や遺産の相続など納税する必要が出てくる場面において、税理士はその手助けをしてくれる仕事です。きちんと税理士の仕事を知った上で相談するようにすればスムーズな相談ができるだけでなく、自分だけで対処しようとしてしまい余計に大きな税金がかかってしまうという危険も回避できるでしょう。

当サイトでは税理士の仕事にはどのようなものがあるのか、会社設立で税理士に相談するとどういったメリットがあるのかなどを簡単に解説していきます。税理士の仕事はあまりなじみがありませんから、どうしても知らないままにしてしまう人も少なくありません。しかし納税という私たちの生活に密接に関係している事を相談できる職業ですから、その仕事内容を知っておいて損はないでしょう。